春は新わかめが出回ります。同じく春が旬のたけのこを合わせた「若竹煮」はいかがでしょうか?
今回は、ふきも添えています。

Print Friendly, PDF & Email

若竹煮(わかめとたけのこの煮物)

By 安井由美子 公開: 3月 14, 2014

  • 出来上がり量: 2 人前

わかめの煮すぎに注意。さっと煮るくらいで、後は火を止めて味をしみこませます。塩蔵わかめを使用するときは塩抜きしてから使用してください。

材料

作り方

  1. あく抜したたけのこの穂先は、焼く5㎝の長さに切り、縦4~6分割にします。硬い根本の部分は、繊維を断ち切るように、厚さ約1㎝の輪切り、もしくは半月切にします。
    市販の水煮を使うと便利です。新たけのこを!という方は、
    ①皮をむいたたけのこを半分にし、大き目の鍋に水を入れ、米ぬか、鷹の爪を入れて炊きます。
    ②炊いているうちに、栗のような甘い匂いがしてきたらOK。流水で洗って、水気を切ればあく抜きの完了です。

  2. 鍋にだし汁、たけのこを入れ火にかけます。
    強火にかけ、沸いてきたら、こまめに灰汁とりをし10分程度煮込みます。
    その他の調味料を入れ、弱火にして20分ほど煮込みます。
    一度火を止め1時間ほどおいておく(味をしみこませるため)
  3. わかめはざっと水洗いしてごみなどを取り除き、食べやすい大きさにカットします。
    下ゆでして、皮を取り除いたたふきは5㎝位の長さにカットします。
  4. 2のたけのこを再び火にかけ、沸いてきたら3のわかめとふきを加え5分ほど炊きます。
  5. 器に盛り付け、上から木の芽を添えて完成です。