ボイルむき海老とアボカドのサラダ
殻つきのままボイルして、さらにその殻をむいた「ボイルムキ海老」(商品名:オボロ海老)という商品があります。
殻つきのまま、生の状態からボイルすることで、殻の旨味が身に、そして身の旨味が逃げないので、エビの甘味、旨味が楽します。
ボイルムキ海老は解凍したらすぐに食べられるので、いろいろな料理に使えてとっても重宝します。
今回はスタンダードなサラダのご紹介です。
また、通常のムキ海老で作る場合は、ボイルしてからお使いください。

Print Friendly, PDF & Email

ボイルムキ海老とアボカドのサラダ

By 安井由美子 公開: 3月 26, 2014

  • 出来上がり量: 1 人前

解凍したボイルムキ海老とアボカドを合わせたサラダです。ドレッシングはお好みの物をお使いください。

材料

作り方

  1. ボイルムキ海老は冷蔵庫で自然解凍、もしくはビニール袋など密閉できる袋に入れて直接水が当たらないように流水で解凍する。
  2. アボカドの皮とタネと取り除き、乱切りしレモン汁をふりかけておく。
    トマトのタネを取り、乱切り、きゅうりはピーラーなどで皮が残るように交互にむいてから、乱切りにする。
  3. すべての材料をボウルに入れ良く混ぜ合わせる。
    器に盛り付けて、セルフィーユを飾る。