数の子マリネ
年末年始くらいしかあまり見かけない「数の子」。三が日を過ぎても冷蔵庫の奥に眠っていませんか?
塩数の子の賞味期限は通常3~4月末くらいまであります。
賞味期限が切れる前に、塩抜きした数の子をいつもと違ったマリネに仕立ててみました。

Print Friendly, PDF & Email

数の子マリネ

By 安井由美子 公開: 3月 17, 2014

  • 出来上がり量: 2 人前

ポイントは塩数の子の塩抜き。あとは、和風の出汁を洋風の出汁に替えただけと思っていただければ。

材料

作り方

  1. 【塩数の子の塩抜きします】 ①バッドなどに、水1ℓに対して小さじ1杯の食塩を溶かし、塩数の子を浸します。約6~8時間
    ②数の子の薄皮をきれいに取り除き、再度①と同じ要領で塩水を取り換え、6~8時間浸します。
    ③若干塩分が残っている状態が一番おいしく感じます。
    ④塩を抜きすぎた場合苦みを感じますが、その場合は再び塩を入れることで、苦みが抜けますから、失敗ではありませんので安心してください。
    上記よりも濃いめの塩水を作ります。(1ℓに小さじ2~3)そこに、数の子を浸し、1~2時間。
    ※数の子のサイズや塩水濃度で時間が変わりますので、こまめに味見してください。
    ※塩抜きは15℃~25℃くらいの室温で。また、塩抜き後の数の子は冷蔵庫で保管してください。
  2. 塩抜きした数の子は食べやすいサイズにカットしておく。
    たまねぎは薄切り、きゅうり、にんじんは千切りにしておく。
  3. ボウルに、タネを抜いて輪切りにした鷹の爪、そのたの調味料を入れて混ぜ合わせます。
    そこに、数の子、野菜を加え軽く混ぜて、冷蔵庫で1晩浸します。
  4. 器に盛り付けて完成です。